• ホーム
  • 水虫治療には食事にも気を付けましょう

水虫治療には食事にも気を付けましょう

2020年05月19日

我々の体は毎日の食事から出来ています。食事の栄養バランスをおざなりにしていると糖尿病だって発症しますし免疫力の低下にも繋がります。それに、場合によっては実際に水虫になった時に適切な治療が行えない場合だってあるのです。日頃から生活習慣を気に掛ける際に食事内容まで気を配ることをおすすめします。

もしも爪に白癬菌が入り込んだ場合、硬くて厚い角質層に塗り薬での治療は不可能です。その為内服薬が処方されることでしょう。体の内側から薬を病巣部へと到達させるのです。ただ、この内服薬には副作用が多く、肝機能の異常や貧血が起こりやすいとされているのです。もしもすでに肝臓病がある方・高血圧症や高脂血症の病気で薬を内服しているという方は、この薬を使うと重篤な状態になる危険性があり処方されません。すなわち、適切な治療が不可能となってしまうわけです。外用薬での治療となるのですが、そうするとかなりの時間がかかってしまいます。水虫になったときのためにも肝臓病や高血圧症にはならないでおくことが必要というわけです。

そのための対策として健康的な食生活習慣を身に付けておくことです。ついつい忙しいからと朝食を抜いてしまいがちですが、朝昼晩3食きちんと食べましょう。主食と主菜・副菜と栄養バランスの取れた食事を心がけることです。野菜をたっぷり摂る事が肝心、ビタミンが補給されると免疫力アップにも繋がります。野菜だけでなくダイエット中だからとついついひかえがちなタンパク質だって、身体を作る上で大切な栄養素の一つなのです。血液がドロドロ化するのは塩分の取りすぎもあり、塩分控えめの味付けとしましょう。

忙しい毎日を送っている現代人は、外食やコンビニ弁当・レトルト食品などについつい頼ってしまいがちです。そういった食事は塩分控えめは難しかったりしますが、それでも健康志向の方も増えているからこそちょっと機を配れば糖質や塩分オフという食品も多数あるのです。本来なら食事管理をするはずの女性も男性並みに仕事を忙しくしています。だからこその生活習慣病患者の多さなのですが、昼食時にサラダを買うのを習慣にする・シリアルでいいので朝食は必ず取るなど、できることはあるはずです。水虫を予防する健康的な食生活は、元気に長生きするための手段ともなります。今のままの生活を続けていると気づかないうちに血液はドロドロに、ある日突然脳梗塞や心筋梗塞で倒れてしまうこととなるでしょう。血液や肝臓の異常は自覚症状がないままに進んで行きますから、水虫の発症を体があらわしているサインと受け止めてすぐに生活の改善から始めることです。ちゃんとした和食のメニューを朝から作るというのは難しくても、納豆や豆腐・果物にサラダなどすぐに出せるプチメニューを1品増やす程度なら誰でも出来るはず、我々の体はそうして摂取した栄養から出来ているのです。丁寧に暮らしていれば水虫菌だってやってきません。